ホーム »  田舎暮らしのすすめ(信州移住)

田舎暮らしのすすめ(信州移住)

夢の実現 - 田舎暮らしのすすめ

田舎暮らしのすすめ

子供のころ私の目に映る景色は全てが美しく輝いていた
そしていつかきっと木漏れ陽さす湖のほとりに
丸太の家を建てて暮らしたいと夢みていた

例えば……
「引退したら、いずれ…… 都会の喧騒から逃れ、何処か遠い田舎で暮らしてみたい。
できれば湖の畔ほとりで……あるいは土と草の香に包まれる里山で……青い空の拡がる海の近くで……。」
まったく同感です……。私自身、かつて都会に住んだ頃の忙しない日々を忘れ、今では第二の故郷とでも呼ぶべき信州安曇野で、黄昏に聴く蜩の音(ね)を友とし、冬は薪ストーブの火と爆ぜる薪の音に親しんで暮らしています。
実を言うと、こうしたことが私のささやかな夢だったわけであり、容易く叶ってしまった小さな夢の実現に大いに満足をし、こんなにも怠け者になってしまった自分を可笑しみ楽しんでいる次第なのです。
重い鎧を脱ぎ捨てた今、不思議なことに、都会では上手くいかなかったことが此処では難なくできてしまい、思い込んでいた常識観念が実はただのシガラミや妄想にすぎなかったことに、今ようやく気づかされたような気持ちでいます。
あなたの夢を育むために、何かお手伝いができれば嬉しいのですが……。
田舎暮らし計画の一助として、地域によっては、格安土地や借地のご案内もできます。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

ボーダー

こうした静かな湖の水面(みなも)の輝きを見ていると、街に暮らし常に何かと葛藤して生きていた小さな自分が見えてくる。もっと、ありのままの自分をさらけ出し、眉間(みけん)にシワを寄せずにすむような生き方をしてみたい。子供の頃、確かに私はこんな場所に住めることを望んでいたはずだ。それがいつしか都会の喧噪に埋もれ、次第にその夢を忘れて別の遠くを見るようになった。木もれ陽さす湖のほとりに小さな家を建てて暮らしてみたいと夢見ていたはずなのに、ふと気が付くと、四角いコンクリートの箱の中で膝をかかえている自分を見つけてしまった。
◆白夜の風に漂う〈 北欧見聞録・ビジネスマンが歩いたスウェーデン 〉より抜粋(残間昭彦 著/日本文学館)