ホーム »  コンセプト ゆとり……

コンセプト ゆとり……

ゆとりあるガーデンライフのすすめ

花はただそこに咲いているだけなのに、見る人の心を何故か優しくしてくれます……。

293_00

 同様に、庭にガーデンハウスを持つ効用は、おしゃれで心豊かな生活空間を広げ、季節や空気を感じながら自然をいつくしむ心を育てることにあります。こうした憩いの場所があるだけで、庭で過ごす時間が変わり、周りを見る目の余裕と心の安らぎが生まれます。そしてそれにより、見下ろすだけの庭ではない立体的な園芸を暮らしの中に取り入れることにつながるのです。
 綺麗な花をオシャレなプランターに飾ると花が一層美しく映えるように、ガーデンハウスそのものを花壇のように彩ることができれば素敵だと思いませんか。
 陽光を部屋いっぱいに注ぎ込む〝コンサバトリー〟のようなエレガントさと、〝庭の隠れ家〟のような要素を合わせ持つ優雅さに、きっと貴方は魅了されることでしょう。

 ところで、こうしたガーデンハウスが公共施設での庭園や公園などで使用される場合の多くは、ほとんどが敷地の隅に建てられてしまいます。何故なら、鑑賞用の花や芝の真ん中に視界の妨げとなる大きな建物があっては、主役である花や遊具の存在感が希薄になってしまうからでしょう。それに対し、Drom ルストヒュースの各モデルたちは、そうした場面の中央に堂々と設置させても、決して特殊な違和感や威圧感を与えることなく、逆に、ハウス自体が周囲の花や木と共存し、最も素敵な引き立て役になるのです。むしろ「ルストヒュースがあってこそガーデンは完成される!」と言って過言ではないと実感しています。
 また、店舗や事務所などでの活用においては、カラフルでユニークな意匠による抜群のアイキャッチ効果(注目度)が望めることは基より、何よりも、そこにいる人(オーナー)の安らぎと満足感が得られることは間違いないものと確信します。

293_01