ホーム »  性能と特徴 100年住宅……

性能と特徴 100年住宅……

ギュンナルソンログの特徴

▲1918年 W.Stugan社 林産業に進出

▲1918年 W.Stugan社 林産業に進出

100年住宅!と言い切れる裏付けを話しましょう

北極圏にほど近い北スウェーデン・ノルランド地方の冬はとても寒く永い…。そのため森の木は非常にゆっくり成長し、おのずから繊維の目(年輪)が詰んだ堅く 丈夫な原木に育ちます。それが南北に延びる地形を持つスウェーデン国で、ノルランド地方の原木こそが最も良質で信頼性が高いとされる由縁なのです。
スウェーデンの森で百年育った木は、それが家という形に姿を変えた後も更に百年二百年と生きます。木は伐られた後もずっと生き続け、住む人の暮らしを護っていくの です。「1000年の昔よりスウェーデンの人々に愛されてきた、北欧の伝統民芸を伝え継ぐこのハウスが、皆様の夢を育みますように…」そんな願いを込めて私 たちは森の木を伐り削ります。その想いが身を呈した木々たちに報い、自然と大地への貢献につながる唯一の礼儀であると考えるから…。


255_00

1. なぜ〝スウェーデン〟の木にこだわるのか……

スウェーデンは、国土総面積のおよそ8割を雄大な森林と山河・湖が占めています。それ故に、人間は自然における客に過ぎないのだという謙虚さを常に忘れません。しかし、そのスウェーデンといえども、森林資源は決して無尽蔵ではありません。だから、彼らは森を護るために“木を育てながら伐る”といった植林計画を昔から行っています。
そのように、林産業に特に高い誇りを持つスウェーデンでは「樹齢70年以下の木は伐採してはいけない(認可を得て行う簡抜は例外)」というふうに法律で決められています。それに、含水率基準は18%以下でなければ、建材や家具などとしての製品化が認められません。更に、国外への輸出に際する検査基準は、一層に厳しいチェックがなされます。ですから、スウェーデンから我が国日本へ来るログハウスなどの木製品は、言ってみれば、総てがスウェーデン国のお墨付きと言えるわけです。
その意味では、スウェーデン産を扱うハウスメーカーであれば、どちらの会社のものでも無条件に信頼の於ける良質品であると考えて間違いありません。

▲1953年 伐採木輸送のための特殊キャタピラを開発

▲1953年 伐採木輸送のための特殊キャタピラを開発

▲1968年 森林伐採のための重機を開発

▲1968年 森林伐採のための重機を開発


2. なぜ〝Gunnarsson〟のログが良いのか……

255_03

私たちが日本市場へ提供するログハウス用の材は、樹齢100年から120年位 のものを使っており、また、建材としての強度を一層高めるため、製材に際しての水分含有量 は13〜15%程度にまで下げたものを製品としています(ちなみに、JIS規格では、19%以下であることを目安にします)。結果 、国の検査基準を大幅に上回る精度である故に、亀裂・歪曲・セトリングなどの劣化が極小となり、おのずと高寿命・高耐久のログハウスとなるわけです。
それであるがために、本来スウェーデン産のログハウスは大変に高価であると定評されていました。しかし、良い物は高くて仕方がないといった印象をユーザーに植え付けてしまうのは不本意なことです。
そこで当社は、徹底した経費削減に努力しました。宣伝広告費・営業経費・運営維持費等の具体的な諸掛費用をでき得る限りおさえ、その結果 引き出された提供価格が現在のものです。「どこよりも安く」という投げ売り的感覚では決してなく、「良い物を適正価格で」という、お客様本意主義(顧客側のメリットが優先)こそが経営の基本姿勢であるべきと考えています。

3. 樹齢について……

90mm厚ログ

※写真をクリックすると拡大します。

66mm厚ログ

※写真をクリックすると拡大します。

樹齢(年輪)の密度は、別の産地材で同じ厚み(太さ)の材を並べて見ればすぐにわかります。単純に、年輪の数を数えればいいわけであり、同じ厚みでも年輪(繊維密度)が詰んでいる上質な材は、新築時から亀裂や歪曲が極少であることが認められます。それは耐用年数(家の寿命)に大きな違いを生じさせる重要なチェックポイントと言えます。
右に示されるのは、弊社ログ材の実際の断面写真です。いかに年輪密度が高く、かつ安定した同心円を描いた良質材であるかは一目瞭然です(樹木が大きく育つ夏、スウェーデン北部には夜がありません。だから、年輪は美しい同心円を作り成長するのです)。


4. 水分含有量(含水率)と乾燥方法について……

ログハウスは天然の木であるために、当然にして経年の乾燥により若干の縮みが生じます。それを“セトリング”(縮み率)といい、この現象はどんなログ材でも起こります。しかし、セトリングや亀裂・歪曲などの問題は、産地や樹齢のみならず、含水率にもおよそ比例します。したがい、よく乾燥された材であるかどうかを確認しなければならず、また、その乾燥方法の違いによっても大きく異なります。
例えば、過高温の乾燥室で極端な短時間により乾燥させてしまうと、乾燥途中で早くも割れや曲がりが生じてしまいます。それゆえ、W.Stugan社工場では、約1年ほどの時間をかけてゆっくり乾燥させます。
また、乾燥室の中というのは、単に高温・低湿なだけではいけません。材木の表面 に、時折、水分(ミスト)を噴霧させ、表面だけが急激に乾燥し過ぎないように湿度調整をします。それにより、材の表面 と中心部を平均的に乾燥させ、より強い材を作るのです。さらに定期的に機械ストレス(打振動)を与えることによって、弱い材に割れや曲がりをわざと生じさせます。
そうして残った材だけが、乾燥室から出て製品になるのです。

5. 他社製品との比較

以上のような工程を経て完成されたGunnarssonログハウスのセトリング率は、約0.5%程度まで押さえられます(それは壁全体の高さに対し約1〜2cm程度の縮みで、2年次以降はほとんどありません)。
さらに割れについては極々僅かで、下の写真のとおり、他社製品と見比べていただければ一目瞭然です。

255_01
255_02

6. W.Stugan社製「ギュンナルソンログ」の特徴について……

255_04255_01

右のログ材断面イラストをご覧ください。
ログの上下に小さな出っ張りがあるのが分かるでしょうか(印の部分)。通常、他社製ログハウスの場合、外から雨水が毛細管現象により内へ侵入するのを防ぐため、ログの重なり部にパッキンやコーキングを詰めたりします(それを行わないログハウスは、必ず不良な欠陥が現れます)。
ところが、W.Stugan社製「ギュンナルソンログ」の場合はパッキンもコーキングも一切不要なのです。この上下の僅かな出っ張りにより、ログとログの間に約3mmほどの隙間ができます。そのお蔭で、雨水が全て切れて落ちてしまうからです。
これが、小さいけれど大きな特徴であり、スウェーデンで特許を取得しているものです。もちろん他社製品では(他のスウェーデン産ログを含み)絶対に類似するものはなく、家の寿命を大幅に延ばす要因の一つになっています。


255_09

 

7. 材種について……

ログの使用材種は、北欧パインといわれるモミの木にも似た赤松系の針葉樹です。松といっても日本のそれとは大分異なり、太く真直ぐに伸びる非常に堅い木であるため、建材として最適とされています。その強度は木曽檜にも勝り、白蟻さえ歯が立たないといわれるほどに、堅くて丈夫。その上、木目が非常に美しいというのがスウェーデン産北欧パインの特徴です。
ところで、日本では、無節材が高級とされ、檜でも杉でも、節のない柾目が珍重されますが、北欧ではその価値が逆で、節が多ければ多いほど高価なのです。実際、その節の目が何とも美しい風合いを見せているのですが、実は、節があればあるほど、木は堅く丈夫になるのです。

8. 火事にも地震にも強く、しかも〝ECO〟なログハウスとは……

255_03

そもそも、木は火に燃えるもの……。しかし、実は木が燃え尽きて全焼してしまうというのは稀なこと。それは何故かとぃうと、木は燃える時、表面 のおよそ20〜25mm程度までが燃えてしまうと、後は炭化層になり、それ以上は燃えずに消火しまうからです。しかも、その耐燃焼時間は、樹齢の詰まった堅い木材であるほど優位 であり、 その意味で、大量の有毒ガスを発生させながら、あっと言う間に火が燃え広がってしまう新建材住宅や、柱も屋根も階段も、炎の熱でグニャリと曲ってしまい避難を困難にさせるような鉄骨住宅などと比べ、むしろ安心と言えるわけです。
さらには、柔軟性があり自重の軽い木の家(ログハウス)は、自ずから地震災害にも強く、何より、こうした森林資源を利用した住計画こそが、CO2排出をおさえ、地球温暖化をくい止める一助になっている事実に着目できます。
(鉄は1トンつくるのにCO2を6トン排出するけれど、木は逆にCO2を吸収して育ちます)。


27_00

 

9. 土台部分の防腐処理について……

先述のとおり、本材はシロアリも歯が立たない!というほどに堅いものではあるのですが、取り分け雨や湿気に接しやすい土台部分にのみは、いま欧州各国で最も信頼性が高いとされる〈Wolmanit〉という加圧浸透処理を採用し、床フレーム材とデッキ板材に施しています。
もちろん、無公害の木材保護剤としての認可も受けているので、人体や環境にも優しく、安全・安心です。

27_00木材保存材「Wolmanit® CX」について

10. ログハウスに住む効用(メリット)について……

255_02

ログハウスは木そのものが天然の断熱材として優れた蓄熱性を発揮する上に、吸湿および呼吸性に富んでいます。そのため、冬期の結露やカビの問題はほとんどありません。
だから年間を通して、夏涼しく冬暖かいという快適な生活が期待できるわけです。
また、壁そのものが天然の木であるということは、自ずと空気を浄化させる殺菌効力と、居住者の精神を安定させる癒し効果(森林浴のような爽快感)につながると言えます。その不思議な力は、樹木の新陳代謝により分泌される『フィットンチッド』と呼ばれるものの副産物であり、中でも、北欧パイン(松種とモミ種の合の子)の樹液に含む精油成分の中に最も多く蓄積されていると言われ、経年の後も比較的失われない木の香りと共に人を癒します。
それとは逆にRC構造(鉄筋コンクリート)の建物が、住む人の身体と脳に嫌な周波数を出しているという事実は、近頃一般 に知られるようになってきました。
実際に、以前アメリカで、ラット(ネズミ)で実験したデータがその事を物語っています。木の箱とコンクリートの箱を数個用意し、それぞれに数匹ずつのラットを住まわせ、その健康変化を調査しました。結果 、コンクリートの箱に入れられたラットは、わずか数日で精神状態が不安定になり、序々に活動能力を失い、毛が抜け食欲も無くし、遂には死んでしまうという可哀想なことになりました。
それに対し、木の箱に入っていたラットは、全てが無事に健康を維持し続けたという話です。
そしてまた、これに似たもので、実験室内に木の板とコンクリートの板を置き、そこに座った人間の集中力テストをした結果 、その持続測定時間に3倍から4倍もの差が生じました。こうした結論として、人は目に見えない自然の力によって生かされているということが理解できます。

11. ログハウスの種類について……

建築用語を丸太組み工法と呼ばれるように、丸太材を下から順に積木のように積み上げていくものをログハウスと言います。
(※正倉院の校倉造は日本最古のログハウスそのものです。)
その形は……

  • 丸太をほぼそのまま使っている「丸ログ(カナディアンスタイル)」
  • 丸太の四辺を取り四角く製材させた「角ログ(ヨーロピアンスタイル)
  • 外側は丸、内側は平らと云うふうに、丸ログと角ログの特徴を二分したような「Dログ(アメリカンスタイル)」

飽きのこないすっきりしたデザイン性と、メンテナンス面 においてもセトリングや歪曲などの劣化が少ないとされるものは角ログですが、好みに応じて、それぞれの特徴と性能を踏まえてお選びください。

結論

百貫の荷に堪うる者、則ちその荷重からず

「日本の家には日本の木が一番!……日本の気候風土には日本の原産材が最適である。」という、一見説得力のある言葉を時々耳にします。
また、その言葉を借りるまでもなく、地産地消により地元の材木で家を建てるということは、エコの観点からも正しく理想的な考え方であると言えるでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか……。
日本よりも遥かに厳しい環境で育ち、なおかつ永い年輪を重ねた材木の方が強く優れている事は言うまでもなく、実際問題、30年で建て替えを要する家と、100年200年と住み継ぎ、代々安心した生活が営める家とでは、いったいどちらが価値のある財産と呼べるでしょう。

本来、樹齢100年を超える木は、伐採後、年々強度を増しつづけ、およそ800〜1200年の間、変わらぬ強度を保ちます。
それなのに、なぜ日本の住宅は僅か30年程の寿命しか持たないのでしょうか。
一つには、地元産業振興のために、樹齢10数年程度の間伐材で家を建てる事を県も国も奨励しているからであり、それ故、先述のとおり、樹齢・年輪に見合った耐力しか望めないからです。

長寿命住宅、百年住宅とは、百年経っても快適な暮らしが叶う家のことを言います。
その意味においても、実質5倍長持ちする家であれば、その値打は5倍であり5倍エコだと言えるわけです。