ホーム » 安曇野の陽だまりから » 旅日記 »  ログハウスのインテリア特徴とおすすめアイテムをご紹介!

ログハウスのインテリア特徴とおすすめアイテムをご紹介!

2018年5月13日(日)16:00
カテゴリ:安曇野の陽だまりから, 旅日記  トラックバック:URL

木の温もりや香りを感じながら生活することができるログハウス。ログハウスは、天然木がふんだんに使用されているため、調湿効果や断熱効果、リラックス効果が高く「健康的な家」として近年注目が集まっています。

ログハウスには、北欧風や北米風など様々なインテリアの特徴があり、ログハウスの雰囲気を高めるためのアイテムも多くの種類が存在しています。

そこで今回は、ログハウスのインテリア特徴とおすすめアイテムをご紹介していきます。

北欧ログハウスのインテリア特徴

北欧ログハウスのインテリア特徴は主に「開放感のあるインテリア」と「木の温もりを感じられるインテリア」の2つです。

1.開放感のあるインテリア

高い天井や広々としたリビング、大きな窓など、とにかく開放感のあるインテリアデザインが北欧ログハウスの定番となっています。床や壁、天井の木の色をホワイト系に近い配色にすることで、より明るい雰囲気を醸し出すことができます。

大きな窓から差し込んでくる太陽の光は北欧風の木と相性抜群で、毎日心癒されること間違いなしです。

2.木の温もりを感じられるインテリア

壁や柱に大きな丸太を使用するなど「丸太」をベースに作るログハウスも北欧風のインテリア特徴の一つです。木の色は明るめの配色にされているケースが多いですが、木の大きさやデザインは多種多様となっています。

まさに「ザ・ログハウス」のようなとにかく木にこだわったデザインにすることで、木の温もりを存分に感じることができ、大きなリラックス効果を期待できます。

北米ログハウスのインテリア特徴

北米ログハウスのインテリア特徴は主に「土間や薪ストーブを使用したインテリア」と「暖色の家具や雑貨を使用したインテリア」の2つです。

1.土間や薪ストーブを使用したインテリア

北米スタイルの象徴とも言える「土間」を使用したインテリアデザインは、北米ログハウスの定番となっています。土間を使用することで、外で生活しているような感覚を味わうことができ、開放的で自由な暮らしを実現できます。

また、「薪ストーブ」をリビングにおくことで、よりログハウスらしさを醸し出すことができます。

2.暖色の家具や雑貨を使用したインテリア

赤や橙、黄色など暖かみのあるカラーの家具や雑貨にこだわり抜いたインテリアも、北米ログハウスの特徴の一つです。アメリカンカントリー雑貨は、通常の家やバーなどでもよく使用されており、心地良い空間を作り出すことに特化しています。

北欧スウェーデン流のおすすめアイテム

北欧に位置するスウェーデンでは昼の時間が短いため、そこで暮らすスウェーデン人は自宅で過ごす時間が長いそうです。自宅は趣味を楽しむ場所という考えがあり、読書、料理、スポーツベッティング、絵画、ゲームなどをして時間を充実させるかなど工夫を凝らしています。心地よい空間を作るためのスウェーデン流の方法をいくつかご紹介します。

1.間接照明

間接照明を活かすのが北欧スウェーデンの主流です。北欧風のログハウスを作るためには、大きな明るい照明を一つ灯すのではなく、必要な場所に必要な分だけの間接照明を設置することが基本スタイルとなっています。

間接照明はとにかく種類が豊富のため、部屋や空間に合った照明を選ぶことが重要です。間接照明を一つ取り入れるだけで部屋の雰囲気はガラリと変わるため、ぜひ設置してみてください。

2.植物やキャンドル

窓辺に植物やキャンドルを飾ることで、北欧風のインテリアを作り出すことができます。リビングやトイレなどの窓辺には植物を、寝室や子供部屋の窓辺にはキャンドルを飾ることがおすすめです。

なるべく春夏秋冬の季節に合ったオーナメントを置くことで、飽きることのない楽しい日常生活を送ることができます。

3.北欧ブランドのオブジェ

家の中にはちょっとした空間や寂しいと感じるスペースがいくつか存在します。そんな所に北欧ブランドのオブジェたちを置くことで、部屋の印象が一変し、お洒落な北欧風のインテリアを作り出すことができます。

ガラス製や陶製、木製など、様々な材質や種類のオブジェがあるため、部屋の雰囲気に合ったオブジェ選びをしましょう。




コメントをつける