ホーム »  エッセイ 北欧見聞録 »  雪と氷のサマーハウス

雪と氷のサマーハウス

2. 雪と氷のサマーハウス

 「そっちはまだ寒いか」と、日本を発つ前に電話でトモコに尋ねた。すると彼女は「とっくに暖かい」と言う。「でもコートくらいは必要だろう」と聞くと、「まぁコートくらいはね」と言う。「マフラーはいるか」と聞くと、「マフラーはもちろん、できればスノーブーツもあった方が良い」と答える。「それのどこが暖かいのか」と聞き返すと、「とりあえず摂氏以上にはなっている」と当たり前のように言った。そうした基準であるかと少し覚悟を決めてきたのが正解であった。思った通 り、春とは言い難い北欧の早春である。
 それでも、ちゃんと夏は訪れるのだと言うけれど、この景色からではとうてい信じ難い。4月も下旬だというのに、辺りの木々は雪をかぶり海はまだ凍っている。そう、トモコたちのサマーハウスの前に広がるのは、てっきり湖かと思っていたら海の入り江だったのだ。もうすぐ春から夏になれば、ボートを浮かべてのんびり過ごすのだと言う。
 「海の上を歩いてみない?」と唐突にトモコが言った。薄氷の割れ目に落ちたりはしないかと引き腰で聞く私に、「まだこの時期ならギリギリ大丈夫でしょう」と簡単に言う。「失敗するのも一興、土産話くらいにはなるだろう……」と思い切り足を踏み出した途端、ただ氷の上を歩くだけのことがなぜこんなに面白いのだろうかと、楽しくてならない覚醒状態に陥っていた。
 まさに子供のように駆け回り、はしゃいでいる自分がそこにいたのだ。滑って転びそうになる私の姿をスティーグがデジカメに写 し、雪玉を投げるスティーグを私が一眼カメラで撮る。それをトモコがはやし立てる。いったい子供の頃ですら、こんな無垢な気持ちで遊んだことがあっただろうかと思うほどだ。
 おかげで靴の中までビッショリ濡れてしまった。スティーグが乾いたソックスとタオルを貸してくれ、暖かい陽のあたるテラスでハーブティーを飲みながら、トモコ手製のサンドイッチとクッキーを食べた。クッキーには二人の庭で摘んだというブルーベリーの甘いジャムをたっぷり付け、サンドイッチは角を紅茶に少し浸して食べた。
 あー、表現のしようもない気持ちの良さだ。確かに、これはもう春の陽射しだ……。いつまでもこうしていたい。何もせず、ただこうしている瞬間を至福と呼ぶべきなのだろう。
 
 ここへは冬の間は滅多に来ることはないのだけれど、夏の2カ月半ほどは、ほとんどここで過ごすということだ。多くのスウェーデン人が、こうしたサマーハウスを持つ理由わけが分かった。
 このサマーハウスは、スティーグが彼の父親から遺産の代りに受け継いだものだそうで、一方、彼の兄はもらった現金でクルーザーを買ったという。後日、その兄さんに会った時、彼はこのクルーザーで世界一周をするのが夢だと語った。2人とも、とても澄んだ目をしているのが羨まく思えた。
 スティーグの兄のジョンは、何やら芸術関係の仕事をしているらしいのだが、はっきりとは教えてくれず、「彼の最後の職業は、第二次世界大戦での“イギリス軍戦闘機のパイロット”だった」とスティーグが言う。一瞬あっけに取られて聞き返すと、「彼の日課のコンピューターゲームのことだよ」と笑い返された。まぁ、職業や肩書きなど、どうでもいいのだろう。

418_00418_01

418_02

目次

(※青色のページが開けます。)

プロローグ

第一章 旅立ちの時

  1. ストックホルムの光と影
  2. この国との出会い
  3. 晴天の雲の下
  4. バックパッカー デビューの日
  5. 袖すれあう旅の縁
  6. 百年前の花屋は今も花屋
  7. 郷愁のガムラスタン散歩
  8. バルト海の夕暮れ
  9. 船室での一夜
  10. これぞ究極のアンティーク
  11. 古(いにしえ)の里スカンセン
  12. 過信は禁物-1[ストックホルム発・ボルネス行 列車での失敗]
  13. そして タクシー事件

第二章 解放の時

  1. 森と湖の都ヘルシングランド
  2. 森の木に抱かれて
  3. 静かなる自然の抱擁
  4. 小さな拷問
  5. 私は珍獣パンダ
  6. ダーラナへの道-左ハンドルのスリル-
  7. Kiren
  8. 故郷の色"ファールン"
  9. ダーラナの赤い道
  10. ダーラナホースに会いにきた
  11. ムース注意!
  12. 白夜の太陽
  13. 過信は禁物-2[ボルネス発・ルレオ行 またも列車での失敗]

第三章 静寂の時

  1. 北の国 ルレオでの再会
  2. 雪と氷のサマーハウス
  3. 白夜の国のサマーライフ
  4. 焚き火の日
  5. ガラクタ屋とスティーグ
  6. ミスター・ヤンネ と ミセス・イボンヌ
  7. 田んぼん中の"ラーダ"
  8. 中世の都 ガンメルスタード
  9. 余情つくせぬ古都への想い
  10. 流氷のささやきに心奪われ
  11. 最後の晩餐-ウルルン風-
  12. 白夜の車窓にて
  13. ストックホルムのスシバー
  14. 旅のおまけ["モスクワ"フシギ録]

エピローグ

スウェーデン豆知識・著者背景

[エッセイの表紙に戻る]


コメントをつける