ホーム »  エッセイ 北欧見聞録 »  焚き火の日

焚き火の日

4. 焚き火の日

 スウェーデンの人たちは、暗く寒い冬の間中、春の訪れを心底心待ちにしている。だから、毎年4月30日には、気持ちの良い春を迎えるため、冬の間たまったゴミを皆で持ちより、一斉に燃やして厄払いのようなお祭りをする。5月1日を春の訪れとし、その前夜祭という意味の言葉で、その日を「バールボリス・メッソ・アフトン(Valborgs Masso Afton)」と呼び、全国各地で大いに祝い喜びあう。トモコはこれを「焚たき火の日」と呼んでいるが、別の呼び方では『ワルプルギスの夜』とも言われるらしい。どちらの言葉も意味は知らない。
 昔からこの日は、毎年6月20日に近い金曜日に催される夏至前夜祭「ミッド・ソンマル」と並び、若者たちにとって唯一ハメを外しても許される特別 な日となっている。彼らは夜通し飲み明かし、歌い踊り、存分に発散する。
 子供たちは、その火でマシュマロなどを焼いて食べている。見ると、私たちが集まっている海辺の入江向こう側でも、大勢の人たちが大きな焚き火を囲んで騒いでいるようだ。
 我々も例にもれず、会の終焉後スティーグの友人宅に招かれ、その騒ぎに紛れ込んだ。集まった人たちは皆、スティーグの高校時代からの友人や、彼が昔ヒッピーをしていた頃の仲間だ。スティーグは、今でこそフリーのCGデザイナーという職を持っているが、かつては自由なヒッピーであったらしく、仲間たちと東南アジアあたりを随分とうろついたそうである。その仲間も、今ではヒッピーの象徴であった髭を剃り、大きな太鼓腹がトレードマークになったと言う。
 そんな彼ら4人でボロ車に乗り、インドまでバックパッカーの旅をした時の話しなどは実に愉快であった。スティーグは、今でも時々インドへ行ってはヒッピーの延長のような放浪をしているらしく、普段でさえ実に気ままなライフスタイルを保っている。

420_00420_01

420_02420_03

目次

(※青色のページが開けます。)

プロローグ

第一章 旅立ちの時

  1. ストックホルムの光と影
  2. この国との出会い
  3. 晴天の雲の下
  4. バックパッカー デビューの日
  5. 袖すれあう旅の縁
  6. 百年前の花屋は今も花屋
  7. 郷愁のガムラスタン散歩
  8. バルト海の夕暮れ
  9. 船室での一夜
  10. これぞ究極のアンティーク
  11. 古(いにしえ)の里スカンセン
  12. 過信は禁物-1[ストックホルム発・ボルネス行 列車での失敗]
  13. そして タクシー事件

第二章 解放の時

  1. 森と湖の都ヘルシングランド
  2. 森の木に抱かれて
  3. 静かなる自然の抱擁
  4. 小さな拷問
  5. 私は珍獣パンダ
  6. ダーラナへの道-左ハンドルのスリル-
  7. Kiren
  8. 故郷の色"ファールン"
  9. ダーラナの赤い道
  10. ダーラナホースに会いにきた
  11. ムース注意!
  12. 白夜の太陽
  13. 過信は禁物-2[ボルネス発・ルレオ行 またも列車での失敗]

第三章 静寂の時

  1. 北の国 ルレオでの再会
  2. 雪と氷のサマーハウス
  3. 白夜の国のサマーライフ
  4. 焚き火の日
  5. ガラクタ屋とスティーグ
  6. ミスター・ヤンネ と ミセス・イボンヌ
  7. 田んぼん中の"ラーダ"
  8. 中世の都 ガンメルスタード
  9. 余情つくせぬ古都への想い
  10. 流氷のささやきに心奪われ
  11. 最後の晩餐-ウルルン風-
  12. 白夜の車窓にて
  13. ストックホルムのスシバー
  14. 旅のおまけ["モスクワ"フシギ録]

エピローグ

スウェーデン豆知識・著者背景

[エッセイの表紙に戻る]


コメントをつける