ホーム »  エッセイ 北欧見聞録 »  スウェーデン豆知識・著者背景

スウェーデン豆知識・著者背景

スウェーデン王国の豆知識

▲しばった銃砲は永世中立国としての証し

▲しばった銃砲は永世中立国としての証し

255_03


国土総面積
450平方km(日本の約1.2倍)
南北最大距離
1574km
総人口
880万人(日本の約14分の1)
首都
ストックホルム
日本との時差
─8時間(※3月下旬〜10月末=─7時間)
通貨
スウェーデンクローネ(¥12〜15/1SKr)

 もしもスウェーデンに行って誰かと友達になりたいと思うなら、会話はともかく、基本的な挨拶くらいは知っておくといい。
 流暢な英語をマスターしてベラベラしゃべるのも良いけれど、その方が気持ちが通じるというものだ。                

  • おはよう=グッモロン(God morgon)
  • こんにちは=グッダーグ(God dag)
  • こんばんは=グックヴェル(Godk vall)
  • おやすみ=グッナット(God natt)
  • ありがとう=タックソーミッケ(Tack sa mycket)
  • すみません(失礼)=ウーシェクタ(Ursakta)
  • ごめんなさい=フェーロート(Forlat)
  • さようなら=ヘイドー(Hej da)
  • 元気ですか=ヒュー(ル)モー(ル)ドゥ(Hur mar du)
  • 乾杯=スコール(Skal)
  • はい=ヤー(Ja)
  • いいえ=ネイ(Nej)

 しかし、近頃の若者は昼でも夜でも「ヘイ」とか「ヤー」とか 「ヨー」とかで済ませ、だんだん挨拶の習慣すらなくなりつつあると嘆かれているとか。
 いずこの国も同じといったわけだ。

著者背景

生年月日
1962年8月6日
出身地
新潟県新潟市
現住所
長野県安曇野市穂高有明8174-1
 
毎年のように転居(父の転勤に伴い)を繰り返した幼年期を経、十一才以降は埼玉県にて少年期から青年期を過ごす。
1983年
東京デザイナー学院インテリアデザイン科を卒業の後、室内装飾及び建築業関連の職につく。
1987年
独立起業して一般建設請負業の会社を設立。
1994年
スウェーデン住宅の輸入及び国内販売を手がける。
2001年
長かった都会での暮らしに決別し信州安曇野へ移住。
2003年
自費制作で冊子「八月六日という日に生まれて─戦争絶対悪への叫び─」を発刊(広島・長崎など、各地の平和資料館等にて販売)。
2005年
芸術振興に基づく平和運動(NPO 安曇野平和芸術館設立準備委員会)を起こしライフワークとする。
同年7月、処女エッセイ「白夜の風に漂う─北欧見聞録・ビジネスマンが歩いたスウェーデン─」(日本文学館発刊)を刊行。
2007年
平和紀行エッセイ「八月の交響楽(シンフォニー)─忘れてはいけないことを忘れるために─」を発刊(広島・長崎など、各地の平和資料館および一般 書店にて販売)。

白夜の風に漂う〈北欧見聞録〉ビジネスマンが歩いたスウェーデン

2008年7月15日 第1刷発行

著者
残間 昭彦
発行者
米本 守
発行所
株式会社 日本文学館
© Akihiko Zanma 2005 Printed in Japan
ISBN-4-7765-0628-9
C0095 1200E

436_00

目次

(※青色のページが開けます。)

プロローグ

第一章 旅立ちの時

  1. ストックホルムの光と影
  2. この国との出会い
  3. 晴天の雲の下
  4. バックパッカー デビューの日
  5. 袖すれあう旅の縁
  6. 百年前の花屋は今も花屋
  7. 郷愁のガムラスタン散歩
  8. バルト海の夕暮れ
  9. 船室での一夜
  10. これぞ究極のアンティーク
  11. 古(いにしえ)の里スカンセン
  12. 過信は禁物-1[ストックホルム発・ボルネス行 列車での失敗]
  13. そして タクシー事件

第二章 解放の時

  1. 森と湖の都ヘルシングランド
  2. 森の木に抱かれて
  3. 静かなる自然の抱擁
  4. 小さな拷問
  5. 私は珍獣パンダ
  6. ダーラナへの道-左ハンドルのスリル-
  7. Kiren
  8. 故郷の色"ファールン"
  9. ダーラナの赤い道
  10. ダーラナホースに会いにきた
  11. ムース注意!
  12. 白夜の太陽
  13. 過信は禁物-2[ボルネス発・ルレオ行 またも列車での失敗]

第三章 静寂の時

  1. 北の国 ルレオでの再会
  2. 雪と氷のサマーハウス
  3. 白夜の国のサマーライフ
  4. 焚き火の日
  5. ガラクタ屋とスティーグ
  6. ミスター・ヤンネ と ミセス・イボンヌ
  7. 田んぼん中の"ラーダ"
  8. 中世の都 ガンメルスタード
  9. 余情つくせぬ古都への想い
  10. 流氷のささやきに心奪われ
  11. 最後の晩餐-ウルルン風-
  12. 白夜の車窓にて
  13. ストックホルムのスシバー
  14. 旅のおまけ["モスクワ"フシギ録]

エピローグ

スウェーデン豆知識・著者背景

[エッセイの表紙に戻る]